染付古便器の粋-青と白、もてなしの装い  厠下駄

博物館・美術館・ギャラリー
01 /18 2017
便器だけでなく厠の内部を復元したコーナー
p86-1.jpg p86-2.jpg

厠下駄。現在のトイレで使われているスリッパと違い、重くて歩行に向きません。小便器前の立ち位置を示します。大便器では「跳ね返り」防止につま先に覆いがあるものが好まれています。汚れても水洗いができるのもポイントです。
p86-3.jpg p86-4.jpg

染付花図(牡丹)朝顔形小便器 六代加藤紋右衛門『還情園池紋製』銘 瀬戸/磁器/明治時代後期 個人蔵
p86-5.jpg

染付花図(牡丹)小判型大便器 六代加藤紋右衛門『還情園池紋製』銘 瀬戸/磁器/明治時代後期  千羽他何之コレクション
p86-6.jpg

染付花図(牡丹)小判型大便器 二代加藤半七『池林堂半七製』銘 瀬戸/磁器/明治時代後期  千羽他何之コレクション
p86-7.jpg

染付花図(牡丹) 朝顔形小便器
p86-8.jpg

染付花鳥図(松に雉と菊に鶴)朝顔形小便器 六代加藤紋右衛門『還情園池紋製』銘 瀬戸/磁器/明治時代後期 INAXライブミュージアム蔵
p86-9.jpg

染付花と蝶図(牡丹と芭蕉) 向高 六代加藤紋右衛門『還情園池紋製』銘 瀬戸/磁器/明治時代後期 千羽他何之コレクション
p86-0.jpg



本来汚く使われそうなものを、ここまで美しく装飾する。なかなか粋で風流に思えます。これが客(利用者)に対する「もてなしの心」の現れなら、もてなされる側(使う側)も大切に、大事に、汚さないように使いたくなりますね。

#染付古便器
#古便器
#BIue and white
関連記事

コメント

非公開コメント

理科室

FC2ブログへようこそ!