三宅坂小公園

公共施設・神社仏閣等
02 /24 2017
東京都千代田区隼町 4-3にある、三宅坂小公園

住所だけいってもピンとこない人も多いと思います。

最高裁判所の隣、内堀通りと青山通りが交差する、こんなふうにお濠も見える場所、
p77-1.jpg p77-2.jpg

国会図書館もすぐ近くにあります…ってことは国会議事堂にも近い
p77-3.jpg

それがこの三宅坂小公園です。
p77-4.jpg

個の銅像は、昭和25年に日本電報通信社(現・電通)創立50周年記念事業として建てられた広告功労者顕彰記念像。
愛情・理性・意欲とを表象する三人の女性裸像で「平和の群像」と言われています。この銅像に関しては、レファレンス共同データベースが詳しいです。
p77-5.jpg

横には少年の像も
p77-6.jpg

この公園、渡辺崋山誕生地でもあります。プレートを見てみましょう。

渡辺峯山誕生地
 ここに、三河田原藩の上屋敷が、かつてありました。
 渡辺峯山は、名を定静、通称を登といいます。三河田原藩 三宅家の藩士の息子として、寛政五年(一七九三)に上屋敷
内の長屋で生れました。文人画家として、また蘭学者とし も著名な人物です。
 天保三年(一八一二)に年寄役末席となり海防掛をして以来、小関三英や麹町に塾を開いていた高野長英らと蘭学 研究を始め、尚歯会を結成しました。
 天保十年(一八三九)、いわゆる「蛮社の獄」により補導・投獄され、同年十ニ月に在所蟄居を命ぜられ田原に向かうまで、四十年余りをこの地で過ごしました。
昭和三十年三月  千代田区教育委員会(平成ニ十ニ年一月補修)

関連記事

コメント

非公開コメント

理科室

FC2ブログへようこそ!