雲鷹丸

船舶
02 /07 2017
品川にある東京海洋大学海洋科学部(旧水産大)にある雲鷹丸(うんようまる)。
p49-1.jpg

有形登録文化財でもあります。
p49-2.jpg

雲鷹丸(UNYO MARU)
登録有形文化財(登録番号第13-0042号 平成10年12月11日 登録)
長さ 136フィート-2インチ(41.2メートル)   総トン数444.25GT
幅   28フィート-6インチ(8.7メートル) 3連成汽機303馬力……1基
深さ 16フィート-7.5インチ(5.0メートル)  汽缶……2基 搭載艇……6艇
最大搭載人員:81人(職員:15人 部員: 26人 学生:40人)
造船所:株式会社大阪鉄工所 桜島工場 (1909年5月12日竣工)

雲鷹丸は、東京水産大学の前身 農商務省水産講習所の第2代練習船である。初代練習船快鷹丸(木造帆船 総トン数137.66トン)からその用務を引継き、1909年5月30日出帆の第1次航海から1929年8月までほぼ20年間就航した。第33次公開を終了後に第3代練習船白鷹丸(鋼製汽船 総トン数 1,327.78トン)に実習航海を引継ぎ、 当時の母校所在地てあった越中島岸壁において係留練習船として学生の実習に供された。第ニ次世界大戦終了後の混乱期を経て、さらに学舎の移転等の諸事情により整備 ・ 管理か不十分なまま放置されていたが、 昭和37年に 喫水線上部の船体が現在の所在地に移設され、マスト・ヤード等 の復元、船体及び設備等の補修が加えられ、現在に至っている。
 雲鷹丸の原型を再現するためには多くの補修及び 整備が必要であるが、水産資料館に展示されている資料及び記録等が現役 時代の英姿として参考に供することができよう。
 雲鷹丸は、学生の教育・実習を目的とした練習船であったが、試験操業 、海洋調査等多目的の調査研究船としての機能をも兼ね備え、北洋及び南洋海域を含む広大かつ長期にわたる遠洋航海の航跡を残し、 我国の水産業の発展・振興に多大なる貢献をした。これらの実績が評価され、現在この地に 船体保存という形で継承されている。
 雲鷹丸て実習航海を終了した600余名の卒業生は、錬磨された操船法・漁法のほか、 基礎的な学理に基づく技術革新の知識を修得し、実社会に送り出された。そして彼らは、日本の漁業界を啓発主導し、幾多の功績をあげ、社会・産業の発製に大きく寄与した。また、 搭載された最高水準の漁撈及び観測機器による調査研究の成果は、海洋、漁場等に関する科学の基礎を確立するとともに、操船技術の革新、漁具、漁法の改良、開発等に活用された。 また、 船体構造、材料及び艤装仕様並びに運用要領等は、現在も貴重な海事史的価値として評価が高い。
 雲鷹丸は、1998年12月11日付けて文化財保護法の規定に基づく登録有形文化財に登録され、東京水産大学の教村・研究資料 としてのみならず、国民全体の文化資産としてここに保存されることになった。



前からみた凛々しいお姿。
p49-3.jpg p49-4.jpg

船の先頭部分を横から見ました
p49-5.jpg

後ろ側。
p49-6.jpg

甲板に登って上を眺める
p49-7.jpg p49-8.jpg

船尾
p49-9.jpg p49-0.jpg

コメント

非公開コメント

理科室

FC2ブログへようこそ!